スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牙狼-GARO-~RED REQUIEM~



DSCN0220.jpg

まぁ、先週の話ですけど劇場版「牙狼-GARO-~RED REQUIEM~」
やっとこさ見に行ってきた
てか、パンフ完売!その他グッズも軒並み完売だらけってどうなのよ
初回販売はズラすわ、出荷が1回だけなのか?
3Dメガネは回収箱あったけど、特典カードだけじゃあれなんで
そのままお持ち帰りしてみたw

せっかくなんで、チラシの裏感想文
ネタバレ満載で書くけど、初見の想いを自分で
振り返りたいので構わず記しておく

超なが~く書いてあるから
知らない人は見ぬよう閉じ閉じ
あまり前情報を入れずにしたお陰か、キャストの役回りをワクドキ
しながら見れたと思う
まずいきなり全体の超個人的評価 ★★★☆☆

GAROとしてのメインキャラクターだけを残して、他を全部新規
にしたのは正解だったと思う
雨宮氏も言っていた「映画としてのGARO」という位置づけにして
GAROの世界を見せるという手法にしないと、映画からの初見さんを
置いてけぼり、になっちゃうしね
これは凄く感心持てたんだけど、そのせいか所謂ベタな

すっごく悪い最強の敵>我らがスーパーヒーロー>さぁやっつけろ!

どうしても流れが薄くなってた感じが終始漂ってた
この辺は自分の期待が過剰すぎたせいなのも否めない
TV版が好き過ぎた故の弊害とでも言いましょうかw
しかし、完全初見に向けては1話完結としての出来は良いかと
でも、「魔戒騎士」「魔戒法師」「ゲート」「番犬所」「陰我」
など等、普通に会話で出ているので付いてこれるのか?と思うけどw

次、キャラ別
(鋼牙) 
とにかくアクション全部でキレが増しててビビった
更に出来るようになった小西君の殺陣が見れただけでも十分に価値あり
あとは、冴島鋼牙としての成長部分
烈花の父親ケンギに修行を付けてもらった幼少期と、現在の自分との
リンク。そして半人前だった自分と烈花に重ねた感情と。
厳しくも優しく烈花に教えを説いたシーンは本当に良かった

(烈花)
いいですね、このキャラ 強い女戦士はかっこいい
役の立ち位置としてはもう完成されてるんじゃないだろうか
魔戒騎士になりたかっただなんて凄い子だことw
その反動なのか魔戒法師としてのプライド感なども
凄くよく出せていて、口調が荒っぽいのも魅力でした

でも俺は邪美のが好き^^v

アクションも良く柔らかく動ける子だな~、と
ただ、部分部分で遅いのが気になったけど、まぁしょうがない
それを補うほどの白い肌!谷間!ふともも!( ^ω^)

(アカザ シグト)
斎藤さん・・・凄く期待してたんだけど・・・
過去の森本レオ、板尾、川平、普段では見れないギャップが
あるのかと思ってたら、そのまんまの斎藤さんorz
役者として好きだけど、特撮嫌いなんすか?(T T)
シグトはね、、、もっと活躍させてあげてもよかったろ
もったいないキャラすぎてちょっと不満だった

(ケンギ)
もうね、津田寛治さんいい!いいよ!大好き!
回想シーンのみなのにあの存在感
主役陣をも平気で食ってしまう名脇役さんだよね
欲を言えば、せっかくのGAROなので殺陣やってほしかったなw

(クルス 来栖)
この役の人どっかで見たなぁ、と家のGARO DVD見てたら
17話「水槽」でホラーに魅入られたサイコな青年役の人だった
てか、あんなに動ける人だったとは てか、明らかにボクシング
経験者なラッシュが凄かった
クラブでの鋼牙との戦闘は3D効果も相まって鳥肌もんだったな~
元人間版 来栖役の中尾マフラーはいつ出るのかな~と思ってたけど
ていうか、斎藤さんがアレだったから凄い心配しててw
でもまぁ、安心のマフラーというか、さすがベテランというか
普段から凄みがある分、あの人はそのままで良かった
クルっと回転してたのは微笑ましかったw

(シオン)
こえーよ 目 こえーよ
序盤は顔芸だけで、あまり印象残らなかったんだけど
烈花との一騎打ちの戦闘で化けた感じ
ぶっちゃけ烈花よりキレてた あそこで俺の中でこのシオンが
この映画のイチオシキャラになりました
役としては、来栖の亡くなった恋人という話が後に出るとは言え
クルスの時での二人の絡みが全くないのがどうかと思った
それまでが主犯格と参謀というだけで、最後にネタバレじゃ
せっかくのキャラがもったいないかな~と

(轟天)
ご~て~~~ん!

(カルマ)
せっかく綺麗な衣装があったんだから、それで一度戦闘
してもよかったんじゃないかい?
でもエンドロールで 声(肘井美佳)にはたまげた

(ホラー全般)
ここが今回の一番不満な点かもしれない
最初の牛?ホラーやクルスはクリーチャーとして良かったんだけど
それらがCGでの戦闘しかしてないのが気になった
素体ホラーでさえCGでしたからねぇ
ここはホラーのスーツアクションも混ぜてやってほしかった
今回は劇場な上に3D作品だから、ホラー自体も大きく見せて
騎士達との差を作って迫力を出そう、というのは分かったんだけど
やはり「特撮アクションとしてのGARO」という視点で見ると
ホラーもスーツアクターを使って演じてほしかった
完全な個人的主観だけどね 

最後のカルマ戦なんかは、TV版のメシアとの決戦でしょっぱかった
戦闘をやり直してるようにしか見えなかったのは俺だけだろうか
メシアなんかは、息を吹く、手で叩く、しまいにゃキャノン砲w
あれの反省なのか、カルマがビシビシ動いて攻撃していたのには
逆に、なんだかなぁ~って
ま、これも3Dであるがゆえ動かさないといけなかったのか

あとは3D効果
要所要所ではかなりの迫力だった
アクション自体の効果とエフェクト効果が合わさった時の描写は
凄いとしか言いようがない出来
が、しかしGAROという世界観があだになっているせいでせっかくの
3D効果が得られていない部分がかなりあったのも事実
原因はとにかく夜、または暗いシーンがほとんどなのでそこで
3Dになっていると、スクリーンの中で何が起きてるか見えづらい

最後の建物内バトルなんかは結構酷かったと思う
鋼牙と複数のホラー戦なんか、部屋が暗いのに黒マントの敵とか
もう少し配慮してもいいような物だと
TV版の時から、画面暗い暗い言われてたのに改善する気が無いのは
ほんとどうかと思うよ

それにしても、全体的に尺が足りてないように感じた
TV版が30分で十分お腹一杯に感じた物が、90分もありながら
不完全燃焼気味に思えてしまった
普通に楽しめた部分は当然あったのだけれど、それと同じだけの
不満を持ってしまった自分のせいでもあるのかな
まぁ、ソフトが発売されたら今度はそれをじっくり楽しんで
いくようにしよう 年明けには出るのかしら

そんなわけで
3D特撮アクションのパイオニアには十分なっただろう
普通に撮影して、後から3D処理だけする「なんちゃって3D」ではなく
特殊カメラを使ってのノウハウを雨宮氏が先陣をきれたのだろうと

次回GAROの作品があるなら・・・
新しいパチンコでまた一儲け出来たら、次はOVAで好き放題やってくれ
3Dはもういいからw

Comment

とりあえずメガネぱくんなしこのカス

おれの感想は、

・3D
開幕5分、でも放送晩のおっちゃんがしゃべらなかったのがねぇ。
来栖に落とされてガラスが下におちるシーン。あれは思わず目つぶった。

・俳優
来栖:さすが無名塾
メアリ(烈火):てかカメラマンが仕事しすぎ狙いすぎ
カルマ:av女優第2弾

重要ワード
・オレジャーナル
・黄色のせ○し
・AV女優にとんでいく金色のせ
・ご祝儀袋

全体感想
まぁ観にいくだけはあったとおもう



>エレナ
ふむふむ、TV冒頭の「光あるところに 漆黒の闇ありき~」
はあった方が良かったよな~
一番3Dだったのはザルバびょ~ん、と鋼牙が剣を前にキリッ
の部分だな
メアリちゃん可愛いよなぁ(*^ω^)
こないだ「笑ってこらえて」に出てたなw
ご祝儀袋ワロタ
なんかもう黄金騎士の進化が、近年のガンダムのようだ…

そういえばさ3DTVって今売り出してるけど、元々3Dだった
映画はソフトに通常2D映像と、3D映像を収録しとけば
3DTVじゃなくても3Dで見れるんじゃね?

正直みれるとおもうんだけど、あの紙の3Dじゃメガネ族の俺らはみれないっていうね。
で、市販のメガネ買うまでしてみたくない。
結論、普通にみよっとってことになるんだよ。
非公開コメント

Twitter
カレンなカレンダー

07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 Shannon

Author: Shannon
ロボットが好きです
プラモデルが好きです
でも可愛い物も好きです
ROCKと低音が好きです

4弦再開しそうで停止中

当ブログでは誹謗 中傷 罵倒
ふるって募集しております

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。